根管治療 短期集中治療 無痛治療 矯正 インプラント セカンドオピニオン
                           
診療時間 日祝
9:30~13:00
14:30~19:00

※土曜日は18:00まで/年末年始は休業

                   お電話は 03-5615-3198 まで

インプラント

歯を一本だけ失った場合に、どのような治療法を選択すべきか?

水川歯科医院では、ご自分の歯を長く残すために ”歯を削らないこと”、 ”神経を取らないこと” が重要だと考えています。しかし、なんとか歯を残すように治療をしても、残念ながら、どうしても歯を保存することができないことがあります。
そういった場合にインプラント治療はとても有効な治療方法の1つです。特に、無くなってしまった歯の両隣が、もし治療をしていない綺麗な天然歯だった場合は、最善の治療方法かもしれません。

おそらく多くの歯医者は、両隣に健康な歯がある場合に、ブリッジによる治療をすすめるケースが多いと思います。しかしブリッジは、せっかくの健康な両隣の歯を削らなくてはなりません。失ってしまった1本の歯のために、何の問題もない2本の健康な歯を削ってしまうのは、おそらく、患者さまも躊躇されるのではないでしょうか?

しかも実は、その無くなってしまった歯を支えている2本の歯に、大きな負担がかかってしまうため、2本の歯の根元が割れてしまい、結局、両隣の歯まで抜かなくてはならないといったことも少なくありません。
それでは、インプラント治療は、どのようなケースの患者様が受けるべき治療なのでしょうか?

施術の様子

当院のインプラント治療の考え方

当院は、「歯を抜かずに残す」ことにこだわっている歯科医院ですので、インプラント治療に対する考え方は、一般的な歯科医院とは、少し異なります。

おそらく、インプラント治療を積極的に勧められる一般的な歯科医院の多くは、歯の根元の治療を行って歯を抜かずに残すよりも、インプラント治療の方が長期的な予後が良いデーターがあるからインプラント治療をおすすめします、と患者さまに説明する場合が多いのですが、当院のインプラント治療の考え方は、少し異なります。

まずは、できる限り歯を抜かずに済ませるために、
歯の根元を超精密に重点的に治療を行う、「根管治療」と呼ばれる専門治療を行い、
まずは歯を抜かずに済むための治療に最善を尽くします。

まずは、できる限り歯を抜かずに済ませるために、歯の根元を超精密に重点的に治療を行う、「根管治療」と呼ばれる専門治療を行い、まずは歯を抜かずに済むための治療に最善を尽くします。

そして、数年~数十年くらいの間、定期健診などできちんとメンテナンスを行い、歯の根元のケアを十分に行います。しかし、どうしてもご自身の歯が残せなくなったタイミングがきてしまったら、最終手段である、インプラント治療を選択すべきなのではないかと考えています(もちろん、その際にブリッジ治療の選択も可能です)。

つまり、当院のインプラント治療は、

残った歯を何とかギリギリまで抜かずに済ませ、
最終的に、仕方なく行う治療が、「インプラント治療」

残った歯を何とかギリギリまで抜かずに済ませ、最終的に、仕方なく行う治療が、「インプラント治療」

なのです。このような考え方は、少しでもご自身の歯を残したいと考えているから生れる積極的な発想だと言えます。

現在は、超高齢化社会です。今の日本人の平均寿命が、男性は81.09歳、女性は87.26歳と言われています。もしあなた60歳で歯を抜いてインプラント治療をしたとしましょう。最新の論文によると、インプラントはきちんとメンテナンスを行えば15年は問題なく使うことが可能です。もしあなたが男性であれば、平均寿命までは1年ちょっとなのですが、女性は7年以上もブランクが空いてしまいます。

その場合、女性は80歳で再びインプラント治療をしなければならない可能性があるのですが、80歳で再び、インプラント治療を行うことはできるのでしょうか?おそらくご高齢で、体の免疫力や骨の再生能力が落ちたり、糖尿病など他の病気を併発していたりするため、インプラント治療が必ずしもできるとは限らないと思います。

水槽

あくまでも、これは仮の話でしたが、このような例え話から分かるように、歯を抜かずに何とか残す治療を行い、その最終手段としてインプラント治療を検討するのがベストであることは、皆様にもお分かり頂けたのではないでしょうか?

もし、このホームページをご覧の方で、他の歯医者で「歯を抜いて、インプラント治療をおすすめします」と言われた方は、ぜひ一度、当院にご相談にお越しになりませんか?

当院は、東京にたった23人しかいない、歯の根元を超高精度に治療を行う「根管治療」の専門ドクターですので、「本当に歯を抜かなければならないのか?何とか他に、歯を残す治療方法はないのか?」という視点で、慎重に診断させて頂きますので、ぜひご相談にお越しください。

Web予約はこちら
ページ上部へ