根管治療 短期集中治療 無痛治療 矯正 インプラント セカンドオピニオン
                           
診療時間 日祝
9:30~13:00
14:30~19:00

※土曜日は18:00まで/年末年始は休業

                   お電話は 03-5615-3198 まで

セラミック治療 (審美歯科)

水川歯科のセラミック治療の特徴

セラミック治療は、審美治療とも呼ばれ、5年、10年と美しさを保ち続け、食べる機能を維持できる治療です。特に近年では、前歯やその周辺の歯など、お口を開けると日常的に他人から見える範囲は、セラミック治療を選択される方が増えています。

セラミックの歯は、自然の歯と同じような透明感があり、今では、歯科医師が良く見ても自然な歯と見分けることが困難なくらいです。しかし、見た目がきれいなこと(=審美性と呼びます)が注目されがちなセラミック治療ですが、水川歯科医院は、セラミック治療の本当の価値は、見た目ではないと考えています。

セラミック治療中の様子

水川歯科がセラミック治療で最も大切にしているのは、歯茎の組織との調和です。これがうまくいかないと、せっかく治療しても、治療した歯の周囲に炎症が起きてしまいます。実際、他の歯科医院で治療して、しばらくすると歯茎が腫れてきて、当院にお越し院なる方がいらっしゃいますが、その大半の患者さまは、歯茎に赤く炎症を起こしているのを良く見かけます。

水川歯科のセラミック治療では、顕微鏡を使って慎重に治療を行っているので治療した境目が分からなくなります。接着した部分の段差や境目がなくなるので、その境目から再び虫歯になったりする可能性が激減し、再び同じ歯が虫歯を繰り返すことを防止する役目も果たしています。

セラミック治療のオススメポイント ①

「虫歯を再発しにくい!」
保険治療で国が使用を指定しているプラスチック素材は黄ばみやすく、金属部分は経年劣化により溶け出す可能性があるため、歯茎が黒く変色してしまうリスクがあります。また、銀歯も同様に、経年劣化により溶け出す可能性があり、さらには、時間とともに治療した歯の内部の腐食が進むことがあり虫歯の再発リスクが高まります。

しかしセラミックには経年劣化はほとんどないことから。きちんと治療を行い、定期健診をすることで、長期間、見た目の綺麗さを保つことが可能です。

セラミック治療のオススメポイント ②

「カラダの負担が少なく、金属アレルギーのリスクがない」
セラミックは、人のからだに対して優しい(=カラダへの負担が少ない)素材であり、例えば医療分野では、股関節などの人工関節などにも活用されています。

顕微鏡などで高倍率にしないと見えませんが、セラミックとプラスチックでは、素材の粒子の大きさが異なり、粒子の粒が大きいプラスチック素材は歯茎に大きな刺激となり、炎症を引き起こすリスクにもなります。

また近年、金属の銀歯から腐食して溶け出した成分が、体に吸収されることで金属アレルギーや身心の不調など引き起こしているのではないかと言われており、他の健康リスクを気にされる方はなるべく銀歯を使った治療は避けた方が良いかもしれません。

Web予約はこちら
ページ上部へ