荒川区東日暮里の歯科・歯医者
マイクロスコープ ラバーダム 根管治療 審美歯科 インプラント 入れ歯
アクセス ご予約
水川歯科医院
HOME医院の特徴院内紹介スタッフ紹介お問い合わせ

根管治療って?

根管治療には大きく分けて2種類あります。

① 抜髄処置

虫歯がかなり進行してしまい、歯の内部にある神経の部屋まで虫歯菌が達している時に行う処置のことで、感染した歯質と神経を取り除き、無菌状態にするために行います。

② 感染根管処置

すでに抜髄処置を受けていた歯が再び感染を起こしている場合に行なうものです。
神経の部屋に詰めていたお薬を取り除き、再び無菌状態にするものです。

無菌化という点では、①も②もどちらも同じことですが、①の抜髄処置は感染がごくわずかであり、完治が可能で比較的短期間で治療が終了します。

②の感染根管処置は、前医が行なった治療により大きく左右され、感染が根管の外にまで拡がっていると歯を残すように治療する事がむづかしくなることがあります。

ただそのような場合、歯根端切除術(枝分かれが多い根の先端を5ミリ程度切除する)という方法をとることによって歯を残すことが可能になる場合があります。


根管治療で必要なこと

歯の種類によって根管の数や形が違いますが、それらを正しく把握することから始まります。レントゲンによる確認はもちろんですが、場合によってはCTの撮影も必要な場合があります。

当医院では、マイクロスコープ(実体顕微鏡)を配置してありますので、より細部まで見極めることが出来的確な処置が可能です。




根管治療では唾液の混入はタブーです。特に下の奥歯の場合、ラバーダム防湿(唾液の進入を防ぐゴムシート)が必須です。ただ、歯質の崩壊が著しくこれが装着できない場合残念ながら根管治療の予知性は低いものとなってしまいます。そういった場合でも、歯に隔壁(壁)をつくることによって、確実な治療が可能になります。

また、曲った根管にニッケルチタンファイルを使用したり、汚染された感染根管壁の切削片を効率よく排出させるための特殊な器具や専用のバキュームを使用しております。


最新の根管内吸引洗浄に使う特殊なバキュームチップ



また、治療と治療の間に使う仮蓋も大変重要で、無菌化するために、状態に合わせて2種類用意しています。


支台築造

神経を取ること=歯のミイラを作ること。

自分の歯ならば一生もつかもしれませんが神経を取った歯は年々もろくなります。そのため歯が割れる、折れるといったことが生じ、抜歯となることも多いので未然に防ぐような処置が望まれます。

当院で推奨しているのはFibreKorPOST+レジンを使用した土台(いわゆるファイバーコア)とセラミックによる被せ物の組み合わせです。ファイバーコアは歯の硬さに近く歯との相性が良いので、金属に比べて接着力が強いです。

また、セラミックの被せ物も歯やファイバーとの相性が良いので、接着力が高く歯に一体感が出て長持ちしやすくなります。


特殊な根管治療

根幹の形は、とても複雑で時には細く、時には曲がり、時にはイスムスといって亀裂のように細長くなっていたり、2つの根が先のほうで繋がっていたりと、例をあげたらきりがないほどです。このような根の治療を今までのように手の感覚とレントゲンのみで治療していくことはかなり困難なことです。

そこで当医院では、マイクロスコープ(実体顕微鏡)を用いて根幹(根の中)を何十倍にも拡大して見ながら治療をおこなっています。



マイクロスコープを用いることで、歯の内部で破折してしまった器具を除去する事が可能です。全てのケースでできるものではありませんが、当医院では100%近い確立で除去することが可能です。但し残った器具の状態によって、器具は取り除けてもなかなか治らない場合もあります。

マイクロスコープを使用して治療をしてもなかなか治らない場合は、歯根端切除術と言って外科的に横から根の先を切断し、かつ周囲の病巣も取り除く方法があります。しかし、歯根端切除術を一度してしまった歯が再び悪くなった場合は、抜くしか方法がなくなってしまうというデメリットもあるため慎重に適応症を判断して行なうべきです。


根管治療関連の所属学会等

日本顕微鏡歯科学会
日本歯内療法学会




質の高い医療を提供させて頂くため当院は自由診療中心となっております

医院からのお知らせ

水川歯科医院は、新患受付ております。お待たせしないように恐れ入りますが、1度ご連絡の上ご来院ください。



根管治療
歯周病治療
審美歯科
インプラント
入れ歯
自費料金表


スタッフ募集




copyright © Mizukawa Dental Clinic All Rights Reserved.