荒川区東日暮里の歯科・歯医者
マイクロスコープ ラバーダム 根管治療 審美歯科 インプラント 入れ歯
アクセス ご予約
水川歯科医院
HOME医院の特徴院内紹介スタッフ紹介お問い合わせ

歯周病治療

歯周病って?

大人になってきて最も問題になってくるのが歯周病です。これは、歯を支えている顎の骨が溶けてしまう病気です。成人の80%が罹患している国民病でもあります。

サイレントディジーズといわれその多くは自覚症状のないまま、重篤な状態になってしまい歯肉が腫れたり歯が抜けたりと、取り返しの付かないことになっていることが多いです。



歯周治療の流れ

お口の中を審査させていただき、歯肉より上に付いている歯石や歯の動揺、歯肉の炎症の有無、不適な補綴物(合っていない被せ物や差し歯)の確認、歯周ポケットの測定と同時にレントゲンの撮影も行ない現状をお伝えします。

患者さまの状態により必要な処置が違いますが、まずは歯肉より上に付着した歯石や汚れを除去します。次に状態が改善してきたら歯肉より下に付着した歯石を除去します。軽度から中程度の歯周病であれば治療はここまでで1~2ヶ月に1回程度のメインテナンスに移行します。

重症な方は汚れだけを除去しても再発しやすい状態が残りますので、歯周病が再発しないために歯周ポケットの除去を目的とした外科処置をさせていただくこともあります。そうすることによって、ブラッシングがし易くなり歯周病が再発しにくい状態になります。



メインテナンス

メインテナンスへ移行する際のお口の状態は1人1人異なりますので、メインテナンスに来ていただく期間も人それぞれです。1~2か月に1回程度を目安に来ていただいております。


歯周病は大人の病気?

歯科業界で一般的に虫歯は子供の病気、歯周病は大人の病気と言われています。

必ずしもそうではないのですが、あながち間違っているともいえません。良く、“僕は、1本も虫歯になったことが無いんだよね”とか、“歯医者さんに通ったことが無いんだよね”とおっしゃっている患者様がいますが、そのような方に限って歯石がかなりついていて歯周病がかなり進行してしまっていることが多いです。

それは、虫歯になる細菌と歯周病になる細菌の種類が違うからなのです。お口の中は無菌ということは絶対にないので、必ずどちらかの細菌が多くお口の中に存在することになります。

良く虫歯になる方はお口の中にかなり関心がありこまめにお手入れされているということも考えられますが、虫歯になりにくかった患者様のお口の中には歯周病を引き起こす細菌が比較的多く存在すると考えられます。そこに、多少歯を磨かなくても虫歯にならないと油断していると歯周病が進行してしまいます。



最先端の歯周病治療

エムドゲイン
歯周組織の再生に使われる材料で、部分的な骨欠損であれば再生することが可能です。他の材料と併用することがあります。

GTR法
メンブレンなどを用いて行なう再生療法です。
これも他の材料との組み合わせで用いることがあります。

GBR法
歯周病が重度に進行すると周囲の骨をかなり溶かしてしまいます。それを回復するための骨造成法をいいます。インプラントではよくおこなわれる処置です。

これら再生療法を行う場合およそ8~12か月の治癒期間をおき、リエントリーという2度目のオペを行ないます。そこで再生した骨の確認をします。もし骨の形態の不整があれば平らに修整します。修整することによって予知性は飛躍的に高まります。

細菌培養検査

歯周病の原因となる細菌がお口の中にどの程度存在しているかを特定する検査です。歯周病にかかられている方の約10%がある特定の細菌によるものなんです。がんばって歯ブラシをしても、歯石をとってもなんだかよくならないなどの症状がある場合は、細菌培養検査をして、抗生剤により細菌を減らす抗菌療法をしないと完治への道はありません。そのためにも、一度検査をされることをお薦めします。

もちろん、細菌を無くした後でお口の中の環境を整えないといけません。



歯周病関連の所属学会等

AAP
JIADS




質の高い医療を提供させて頂くため当院は自由診療中心となっております

医院からのお知らせ

水川歯科医院は、新患受付ております。お待たせしないように恐れ入りますが、1度ご連絡の上ご来院ください。



根管治療
歯周病治療
審美歯科
インプラント
入れ歯
自費料金表


スタッフ募集




copyright © Mizukawa Dental Clinic All Rights Reserved.